親子で幸せになる

老いてきた親
     
今までできたことが
できなくなってきた
寂しさや心細さがあるようで
心のサポートをして欲しいといいます。
   
  
老いてからのことは
老いてみないとわかりませんが、
当事者である親がそういうのですから、
何か心に思うことがあるのだと思いました。
   
   
せっかく
アドラー心理学のパセージをやってるのだから、
「活かせたらいいよね」と思い、
丁寧に話を聞きます。
  
  
親は、「そばにいて欲しい」と感じてる様子。
その思いを大切にしたいという気持ちとともに、
私のできることを丁寧に考えてみました。
   
   
私の両親は
とてもバランスのとれた夫婦なので、
まずはそこの絆がより強くなることを考えました。
近々、仲良く旅行に行くとのこと。
ここは夫婦で頑張ってもらえそうで安心しました。
   
   
さらに、
両親と子どもたちと私が
気持ちよく過ごせることを考えてみました。
  
そして、お互いの距離感みたいなものを
大切にすることを提案してみました。
  
 
今はそれがお互いのためにいい解決方法のようでした。
まずはホッとひと安心です。
  
    
話を聞くことがとても面倒と感じてた私ですが、
幸せな関係を築いていくためにも、
これからも丁寧に話を聞いていきたいと思います。